曲ろく(読み)きょくろく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曲ろく
きょくろく

僧侶の用いる椅子の一種。円椅,交椅ともいう。木製,朱・黒塗りで肘掛けと背板半円形。床は革を用い,前に踏み台がつく。鎌倉時代頃から主として禅宗寺院で法要の際に導師が用いたが,のち浄土宗にも取入れられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android