曲道(読み)きょくどう

精選版 日本国語大辞典の解説

きょく‐どう ‥ダウ【曲道】

〘名〙
① 能楽で、芸曲の道すじ。曲の正しい演じ方。
※至花道(1420)二曲三体の事「童形より習ひ覚えつる舞歌の二曲を、品々にわたして事をなすならでは、別の曲道(キョクダウ)の習ひ事あるべからず」
② 曲がりくねった道。
※明六雑誌‐二五号(1874)政教の疑余〈阪谷素〉「論を論ずる者を迂濶とするは神経の乱れし者直路を曲道として小径を度るに同じく」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android