至花道(読み)しかどう

世界大百科事典 第2版の解説

しかどう【至花道】

世阿弥の書いた能の伝書能芸における稽古習道に関する考えをまとめたもので,奥書から1420年(応永27)6月,世阿弥58歳のときの著述であることがわかる。内容は,能芸の基礎(舞歌二曲および老・女・軍の三体)と学習の順序について述べる〈二曲三体事〉,芸の主になりえない無主風と,芸を真に我がものとしきった有主風との違いを説き,有主風に進まねばならぬことを教える〈無主風事〉,非風を是風に化かす達人の芸位と,それを初心者が模倣することを戒める〈闌位事〉,芸態を皮(ひ)・肉(にく)・骨(こつ)に分け,それを完備することの至難さを説く〈皮肉骨事〉,基本になる型と,その型から表れる風趣との違いを認識して稽古すべきことを教える〈体用(たいゆう)事〉の5ヵ条および貴人の批判に耐えうる修養鍛錬の必要を説く結辞の一文から成る。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しかどう【至花道】

能楽論書。一冊。世阿弥著。1420年成立。五か条に分かれ、二曲三体・無主風・皮肉骨など、花に至るための習道について論ずる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の至花道の言及

【世阿弥】より

…子弟の成長で観世座は発展の一途をたどり,彼自身の芸も円熟の境に達し,出家前後が世阿弥の絶頂期であったろう。応永27年(1420)の《至花道》,30年の《三道》,31年の《花鏡(かきよう)》など,高度な能楽論が続々と書かれたし,彼が多くの能を創作したのも出家前後が中心らしい。 だが,1428年(応永35)に義持が没し,還俗した弟の義教が将軍になってから,観世父子に意外な悲運が訪れた。…

※「至花道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android