コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲領 キョクレイ

デジタル大辞泉の解説

きょく‐れい【曲領】

古代、武官礼服(らいふく)の付属具。首を通して肩に当て、その上に裲襠(うちかけ)を着た。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きょくれい【曲領】

奈良時代、裲襠うちかけ着用時に、袍ほうの上から着けた肩当てのようなもの。
曲がった襟。円い襟。また、その襟の服。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

曲領の関連キーワード奈良時代肩当て襟∥衿

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android