コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

きょくQu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


きょく
Qu

中国の戯曲の総称。中国では演劇歌曲を主とするところからきた名。中国の演劇は宋代にようやく形式を整え,「雑劇」と呼ばれたが,元代に入って飛躍的に発展し,関漢卿,馬致遠らの作家を生み,元代を代表する文学ジャンルとなって,「元雑劇」とも「元曲」とも呼ばれた。これらは北方系の歌曲を主体とする「北曲」に属する。明代には南方系の歌曲が流行し,戯曲にも用いられて演劇界の主流となり,「南曲」とも「伝奇」とも呼ばれた。湯顕祖,高明らをその代表作家とする南曲の楽曲のなかでは,「崑曲」と呼ばれるメロディーが最もよく用いられたが,清に入ると,北京で西皮,二黄という2つの曲調が大流行して崑曲を圧し,それを用いた演劇が発達して「京劇」と呼ばれ,今日にいたっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょく【曲】

楽曲の調子。節(ふし)。「詞にをつける」
音楽の作品。能・狂言や舞踊などにもいう。「バッハのを演奏する」
まがっていること。また、正しくないこと。不正。「を正す」
おもしろみ。愛想。「のないことをいう」
軽業・手品・曲馬・曲独楽(きょくごま)など、変化に富んでいておもしろみのある技芸。また、趣向を凝らした技。
「―ヲツクス」〈日葡
漢詩の六体の一。心情を詳しく述べるもの。

きょく【曲】[漢字項目]

[音]キョク(漢) [訓]まがる まげる くせ
学習漢字]3年
まがる。まげる。「曲折曲線曲面迂曲(うきょく)婉曲(えんきょく)屈曲湾曲
ねじまげる。こじつける。「曲解曲学曲言曲筆私曲邪曲歪曲(わいきょく)
入りくんで細かい。くわしい。「委曲
曲がって入りくんだ所。くま。「河曲(かきょく)」
音楽のふし。音楽作品。「曲調音曲(おんぎょく)歌曲楽曲作曲序曲新曲選曲箏曲(そうきょく)舞曲編曲名曲浪曲
詩。歌。「春風馬堤曲」
脚本。「戯曲元曲
変化のある技巧。「曲技曲芸
[名のり]くま・のり
[難読]浦曲(うらわ)曲尺(かねじゃく)曲彔(きょくろく)曲瀬(くせ)曲事(くせごと)曲者(くせもの)曲輪(くるわ)曲玉(まがたま)

くせ【曲】

《「癖(くせ)」と同語源》
(ふつう「クセ」と書く)謡曲で、曲舞(くせまい)から取り入れたといわれる部分で、1曲の謡所(うたいどころ)・舞所のこと。能ではシテの動きから居曲(いぐせ)舞曲(まいぐせ)に分ける。
他の名詞の上に付いて複合語をつくり、偏った、正しくない、などの意を表す。「者(くせもの)」「事(くせごと)」

ごく【曲】

曲(ごく)の物」に同じ。

み【曲/回/×廻】

動詞「み(回)る」の連用形から》川・海・道などのぐるっと回り込んだ地形。「浦み」「里み」「隈(くま)み」など、複合語として用いられる。

わだ【曲】

入り曲がっていること。また、その所。
「楽浪(ささなみ)の志賀の大―淀むとも昔の人にまたも逢はめやも」〈・三一〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

きょく【曲】

音楽や歌謡の調子やふし。また、音楽や歌謡の一作品。 「悲しい-が聞こえる」 「ピアノ-」
正しくないこと。まちがっていること。 ↔ 「面目ないとは思つても…-彼に在りと云ふ心持があつた/雁 鷗外
[0][2] いろいろと変化する面白みやうまみ。
軽業・手品などの曲芸。 「 -ヲツクス/日葡」
漢詩の一体。思うことをくわしく述べるもの。
[句項目]

くせ【曲】

〔「癖くせ」と同源〕
(普通「クセ」と書く)能で、一曲の中心的な部分。先行芸能である曲舞くせまいをとりいれ、一曲の舞いどころ、聞かせどころとしたもの。 → 舞曲まいぐせ居曲いぐせ
名詞の上に付いて、正しくないこと、まっとうでない意を表す。 「 -者」 「 -事」

わだ【曲】

地形の湾曲している所。 「楽浪ささなみの志賀の大-淀むとも/万葉集 31
形の曲がりくねっていること。 「七-にまがれる玉の緒をぬきて/枕草子 244

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【歌謡】より

…声楽曲の総称。うた,または,うたう,という行為を示す語としての歌謡は,中国においては古くから使われ,たとえば,《史記》《漢書》あるいは阮籍の音楽論にすでに見られる。…

【詩】より

…ほぼ同じ時期に最後の宮廷詩人シャルル・ドルレアンもいて,ともにバラードやロンドーといった定型詩の代表作を残した。 いちはやくルネサンスに入ったイタリアでは,すでに14世紀にダンテが《神曲》《新生》を,ペトラルカがソネット形式による甘美な抒情詩を書いていたが,16世紀までには他のヨーロッパ諸国にもその影響がひろがる。フランスではC.マロがペトラルカを翻訳,この新しい抒情のもとにセーブらのリヨン派,ロンサールらのプレイヤード派が活動,豊麗なバロック詩がやがてマレルブによって厳密な詩法に整頓される。…

※「曲」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

曲の関連キーワードサティ:嫌らしい気取り屋の3つの高雅なワルツ/piano soloラフマニノフ:前奏曲集(プレリュード)/piano soloモンポウ:前奏曲 第10番/piano soloインストゥルメンタル[instrumental]モンポウ:前奏曲 第7番/piano soloモンポウ:前奏曲 第8番/piano soloモンポウ:前奏曲 第5番/piano soloサティ:ひからびた胎児/piano soloシンコペーティッド・クロック菜蕗・蕗・富貴・布貴クリーガー ヨハンアポニー四重奏曲亜麻色の髪の乙女シングルカットレヒトハーラートロイメライ動物の謝肉祭Londonアンダルシアジプシーの歌

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曲の関連情報