武官(読み)ぶかん

精選版 日本国語大辞典「武官」の解説

ぶ‐かん ‥クヮン【武官】

〘名〙
① 軍事に携わる官人。軍事に関係する官。
※続日本紀‐文武二年(698)二月丙午「賜武官祿各有差」
② 令制で、武器を携帯すると定められた官職。すなわち、衛府、馬寮、兵庫寮、諸国軍団などに属する職。また、その人。ただし、中務省の丞以上、大宰府・三関国の官人および内舎人は、武装する定めであるが文官である。兵部省が人事考査を担当する。〔令義解(718)〕
③ 旧日本陸海軍の下士官以上の軍人。〔陸軍武官進級令(明治二二年)(1889)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「武官」の解説

ぶ‐かん〔‐クワン〕【武官】

軍事に従事する官吏。旧日本陸海軍では、下士官以上の軍人。⇔文官
律令制で、武事に携わった官。衛府えふや諸国の軍団に属する官など。
[類語]官員公務員役人官吏吏員公僕国家公務員地方公務員文官事務官公吏官公吏官僚能吏小役人属官属僚税吏獄吏キャリアノンキャリア

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android