コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書(き)入れ カキイレ

デジタル大辞泉の解説

かき‐いれ【書(き)入れ】

書き入れること。また、その文字や文。書き込み。「本の余白に書き入れをする」
書き入れ時」の略。
抵当(ていとう)。かた。
「生命を―にしても栄耀(えよう)の餅の皮を剥(む)く時勢に」〈魯庵社会百面相

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

書(き)入れの関連キーワード大嘗会屏風大田垣蓮月言語地図註釈学派ていとう魏氏楽譜達磨市軍防令大津絵字鏡集床本契沖

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android