コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書智徳 ふみの ちとこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

書智徳 ふみの-ちとこ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)で東国にのがれた大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)にしたがった舎人(とねり)。天武天皇10年小錦下をさずけられ,連(むらじ)姓をあたえられた。のち忌寸(いみき)姓。持統天皇6年(692)没したらしく,この年,直大壱(じきだいいち)をおくられた。氏(うじ)は文,名は知徳ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

書智徳の関連キーワード文塩麻呂

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android