コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書智徳 ふみの ちとこ

1件 の用語解説(書智徳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

書智徳 ふみの-ちとこ

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)で東国にのがれた大海人(おおあまの)皇子(天武天皇)にしたがった舎人(とねり)。天武天皇10年小錦下をさずけられ,連(むらじ)姓をあたえられた。のち忌寸(いみき)姓。持統天皇6年(692)没したらしく,この年,直大壱(じきだいいち)をおくられた。氏(うじ)は文,名は知徳ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

書智徳の関連キーワード大阪府羽曳野市飛鳥奈良県高市郡明日香村飛鳥飛鳥井曾衣紀阿閉麻呂紀堅麻呂佐伯男当麻広麻呂当麻麻呂舎人糠虫和珥部大石

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone