書生羽織(読み)ショセイバオリ

デジタル大辞泉の解説

しょせい‐ばおり【書生羽織】

普通より丈の長い羽織。明治中期以後、書生が用いて一般にも流行した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しょせいばおり【書生羽織】

丈の長い羽織。明治14、5年頃から書生の間に流行した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android