コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書画一致論 しょがいっちろんshu-hua yi-zhi-lun

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

書画一致論
しょがいっちろん
shu-hua yi-zhi-lun

中国において,絵画とは起源を同じくし,筆法が共通するという考え方に基づき,書と絵画は本質的に同一の内容をもつとする論。盛唐時代,呉道子を中心に著しい発達をみた絵画芸術が,漢代以降発達していた書に匹敵するという思想に根ざしている。さらに北宋末,文人画家が輩出すると,書と絵画はともに人格の表現であり,人格を直接的に表わすという考え方に発展した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android