書院番頭(読み)しょいんばんがしら

  • しょいんばんがしら ショヰン‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 江戸幕府の職名。書院番の隊長。若年寄支配。四〇〇〇石高。菊間詰。位は従五位下。
※職掌録(18C中‐後)「御書院番頭 当職六人西丸四人若年寄支配四千石高諸大夫役菊之間に列す」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の書院番頭の言及

【番頭】より

…足軽,同心,徒士(かち)などの組(歩兵)の頭(足軽大将)である物頭の上位,家老につぐ地位にあった。江戸幕府の大番頭(役高5000石),書院番頭(同4000石),小性組番頭(同)が諸藩の番頭にあたる。いずれも諸大夫(しよだいぶ)の格であり,側衆(そばしゆう)(役高5000石),留守居(るすい)(同)と並んで,旗本の役職中最高の格式を誇った。…

※「書院番頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android