コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

書院番頭 しょいんばんがしら

世界大百科事典内の書院番頭の言及

【番頭】より

…足軽,同心,徒士(かち)などの組(歩兵)の頭(足軽大将)である物頭の上位,家老につぐ地位にあった。江戸幕府の大番頭(役高5000石),書院番頭(同4000石),小性組番頭(同)が諸藩の番頭にあたる。いずれも諸大夫(しよだいぶ)の格であり,側衆(そばしゆう)(役高5000石),留守居(るすい)(同)と並んで,旗本の役職中最高の格式を誇った。…

※「書院番頭」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

書院番頭の関連キーワード池田長顕(1)富田三保之介加々爪直澄大久保教寛与力・寄騎大久保忠高安藤重長内藤清次肥田政業堀田正英巨勢利和西尾忠永菅沼定敬井伊直孝青山忠俊阿部正次松平定綱松平忠明稲葉正倚永井直清

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android