コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菊間 きくま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

菊間
きくま

愛媛県北部,高縄半島北西部に位置する今治市南西部の旧町域。斎灘に面する。 1908年町制。 1955年亀岡村と合体。 2005年今治市,玉川町,波方町,大西町,吉海町,宮窪町,伯方町,上浦町,大三島町,朝倉町,関前村と合体。中心集落の浜は,今治街道の宿場町で,戦国時代から菊間瓦の産地として知られ,江戸時代には松山藩が窯元を 27株に制限し保護した。瓦工場は海岸沿いに並び,原料の粘土は香川県で産出する丸亀土をおもに使用。第2次世界大戦後はセメント瓦の製造が発達。東部の亀岡には石油精製工場が設置されている。沖合にシーバースがあり,1982年には石油地下備蓄プラントも完成した。農村部ではミカンの生産が多い。加茂神社祭礼のお供馬の走り込み行事が知られる。歌仙の滝は景勝地で,桜や紅葉の名所。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

菊間の関連キーワード千葉県市原市菊間菊間(愛媛県)菊間(千葉県)シオカラーズ水野 忠敬菊間〈町〉菊間[町]安芸國鬼瓦みかど菊水小見川藩加藤義清伊勢崎藩石川台嶺小姓組番田野口藩加知山藩菊間千乃西大平藩水野忠敬菊間美人

菊間の関連情報