コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曼殊院本古今集 まんしゅいんぼんこきんしゅう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曼殊院本古今集
まんしゅいんぼんこきんしゅう

平安古筆の一つ。伝藤原公任 (きんとう) 筆。京都の曼殊院に伝わる『古今和歌集』巻 17の零本 (欠巻が多く残存の少いふぞろい本) 1巻。国宝。縦 14.2cmの小巻で,料紙は鳥の子紙各色の染紙。書は繊麗,濃淡もさわやかで,古筆中類例のない書風をなしている。巻末に正安1 (1299) 年の右金吾藤原嗣実の奥書がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android