コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曼殊院 まんしゅいん

7件 の用語解説(曼殊院の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

曼殊院
まんしゅいん

京都市左京区一乗寺竹ノ内町にある最澄の創建になる天台宗の寺院。初め延暦年間 (782~806) に比叡山に建てられたが,天慶年間 (938~957) に西塔北谷に移され東尾坊と号し,北野神社別当寺に補せられた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

まんしゅ‐いん〔‐ヰン〕【曼殊院】

京都市左京区にある天台宗の門跡寺院。延暦年間(782~806)最澄比叡山に建立、東尾坊と称したのに始まる。明暦2年(1656)良尚法親王現在地に造営。所蔵の絹本着色不動明王像・古今和歌集は国宝。竹内門跡。まんじゅいん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

曼殊院【まんしゅいん】

京都市左京区一乗寺にある天台宗の門跡寺院。本尊阿弥陀如来最澄が比叡山に創建し是算が西塔に移建した東尾坊が起源と伝え,1656年良尚法親王のとき現地に移り,竹内門跡と呼ばれた。
→関連項目一乗寺菅原荘毛益

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

曼殊院

京都府京都市左京区にある寺院。天暦年間(947~957)の創建とされる。宗派は天台宗門跡寺院、本尊は阿弥陀如来。庭園は国の名勝に指定。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

まんしゅいん【曼殊院】

京都市左京区にある天台宗の門跡寺院。〈竹内門跡〉ともいう。寺伝によれば,延暦年間(782‐806)最澄が比叡山に創建し,是算の代に比叡山西塔北谷に移り東尾(とうび)坊と号したのが起源といい,その別院として京都に営まれた。天仁年間(1108‐10)忠尋のとき曼殊院と改め,永久年間(1113‐18)洛北の北山に別院を建立した。忠尋以後,当寺門跡が北野天満宮別当を兼ね(是算以来とする説もある),同社を管轄して明治に至った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

まんしゅいん【曼殊院】

〔「まんじゅいん」とも〕
京都市左京区一乗寺竹内町にある天台宗の寺。北野神社別当寺。延暦年間(782~806)最澄が比叡山上に草創。1656年に現地に移転。枯山水式の書院庭園とともに境内全域が名勝に指定されている。寺宝に黄不動尊像など。竹内門跡。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

曼殊院
まんしゅいん

京都市左京区一乗寺竹ノ内町にある天台宗門跡(もんぜき)寺。竹内(たけのうち)門跡ともいう。本尊は阿弥陀如来(あみだにょらい)。最澄(さいちょう)が比叡山(ひえいざん)に建立し阿弥陀仏を安置したのを始まりとするが、寺名不明。のち是算(ぜさん)が西塔(さいとう)に移し東尾坊(とうびぼう)と称し、947年(天暦1)北野神社創立時に是算が別当(べっとう)となりここに移り、天仁(てんにん)年間(1108~10)尋忠(じんちゅう)のとき曼殊院と改称。のち北山に移り金閣寺建立のため禁裏付近に移転、文明(ぶんめい)年間(1469~87)慈運法親王(じうんほっしんのう)が入寺して門跡寺となった。1656年(明暦2)良尚法親王が現地に再建、大書院(おおしょいん)(本堂)、小(こ)書院、庫裡(くり)などが建つ。小堀遠州好みといわれる八窓席(はっそうせき)の茶室(国重要文化財)や枯山水の庭園(国名勝)は名高い。寺宝には、園城寺(おんじょうじ)の黄不動を模した「絹本着色不動明王像」、平安時代の『古今和歌集』(ともに国宝)、後奈良(ごなら)天皇宸筆(しんぴつ)の紺紙金泥般若心経(はんにゃしんぎょう)、花園(はなぞの)天皇宸翰(しんかん)御消息(ごしょうそく)、後土御門(ごつちみかど)・後柏原(ごかしわばら)両天皇御詠草(御歌巻物)、玄関障壁画『竹虎図』、池坊(いけのぼう)専好立花図、論語総略(以上、国重要文化財)などのほか、仏教典籍、古文書類も多い。[塩入良道]
『『古寺巡礼 京都22 曼殊院』(1978・淡交社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曼殊院の関連キーワード妙法院京都府京都市左京区一乗寺竹ノ内町京都府京都市左京区大原草生町京都府京都市左京区大原勝林院町京都府京都市左京区大原来迎院町京都府京都市左京区頭町京都府京都市左京区上高野八幡町京都府京都市左京区黒谷町京都府京都市左京区聖護院中町京都府京都市左京区浄土寺真如町

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曼殊院の関連情報