コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾占春 そう せんしゅん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾占春 そう-せんしゅん

1758-1834 江戸時代後期の本草家,医師。
宝暦8年生まれ。田村藍水(らんすい)に本草学を,多紀藍渓に医学をまなぶ。寛政4年から鹿児島藩につかえ,藩主島津重豪(しげひで)の命により,博物誌成形図説」を編集した。天保(てんぽう)5年2月20日死去。77歳。江戸出身。名は槃(はん)。字(あざな)は子攷(しこう)。著作に「本草綱目纂疏」「国史草木昆虫攷」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

曾占春

没年:天保5.2.20(1834.3.29)
生年:宝暦8(1758)
江戸後期の本草学者。先祖は明人。名は槃,昌啓,永年,字は子攷。庄内(鶴岡)藩医の子として江戸に生まれ,初め庄内藩に仕える。田村藍水に学び,寛政4(1792)年薩摩(鹿児島)藩主島津重豪に仕え,同藩の本草学・博物学を興隆させた。重豪の命で編纂した『成形図説』30巻(1804)は有用植物の効能,育成法を記した応用博物学の名著で,他に『蝦夷草木志料』(1799),『春の七くさ』(1800),『渚の丹敷』(1803),重豪の業績録『仰望節録』(1832)など30数点の著作がある。該博な知識を有する俊才だったが,実地調査型ではなく,考証・注釈を軸とする名物学的色彩が濃かった。

(磯野直秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

曾占春の関連キーワード高木春山坂本浩雪白尾国柱坂本浩然本草家曾槃

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android