コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曾占春 そう せんしゅん

2件 の用語解説(曾占春の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

曾占春 そう-せんしゅん

1758-1834 江戸時代後期の本草家,医師。
宝暦8年生まれ。田村藍水(らんすい)に本草学を,多紀藍渓に医学をまなぶ。寛政4年から鹿児島藩につかえ,藩主島津重豪(しげひで)の命により,博物誌「成形図説」を編集した。天保(てんぽう)5年2月20日死去。77歳。江戸出身。名は槃(はん)。字(あざな)は子攷(しこう)。著作に「本草綱目纂疏」「国史草木昆虫攷」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

曾占春

没年:天保5.2.20(1834.3.29)
生年:宝暦8(1758)
江戸後期の本草学者。先祖は明人。名は槃,昌啓,永年,字は子攷。庄内(鶴岡)藩医の子として江戸に生まれ,初め庄内藩に仕える。田村藍水に学び,寛政4(1792)年薩摩(鹿児島)藩主島津重豪に仕え,同藩の本草学・博物学を興隆させた。重豪の命で編纂した『成形図説』30巻(1804)は有用植物の効能,育成法を記した応用博物学の名著で,他に『蝦夷草木志料』(1799),『春の七くさ』(1800),『渚の丹敷』(1803),重豪の業績録『仰望節録』(1832)など30数点の著作がある。該博な知識を有する俊才だったが,実地調査型ではなく,考証・注釈を軸とする名物学的色彩が濃かった。

(磯野直秀)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曾占春の関連キーワード松岡玄達本草本草家本草学本草図譜浅井紫山浅野春道岡田正応小原桃洞木内政章

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone