鹿児島藩(読み)かごしまはん

百科事典マイペディアの解説

鹿児島藩【かごしまはん】

薩摩(さつま)国鹿児島に藩庁を置いた外様藩。薩摩藩とも。藩主島津氏。薩摩・大隅(おおすみ)の2国と日向(ひゅうが)国の1郡を領し,1609年琉球を藩の支配下に置いて領知高73万石余。圧倒的な士族人口が外城(とじょう)制度によって他を支配,江戸時代を通じてほとんど一揆(いっき)がなかった。奄美(あまみ)の黒糖専売のほか諸産業の振興,密貿易などにより富国となり,長州とともに幕末の政争を主導した。明治維新後も政治家・官僚・軍人を輩出して薩摩閥を形成した。→藩閥政治
→関連項目奄美大島奄美諸島沖永良部島お由羅騒動鹿児島[県]門割制度喜界島旧鹿児島紡績所技師館旧集成館甑島列島西郷隆盛桜島薩土盟約薩摩国島津家久島津家文書島津国史関吉の疎水溝種子島寺山炭窯跡吐【か】喇列島徳之島外城制度長島(鹿児島)萩藩宝暦治水事件屋久島与論島

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の鹿児島藩の言及

【薩摩藩】より

…薩摩国(鹿児島県)鹿児島に藩庁を置く外様大藩。鹿児島藩ともいう。藩主島津氏。…

※「鹿児島藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

商業施設

商業を目的とした施設。特に、デパートやショッピングセンターなど、比較的大型の小売店をさす。→複合商業施設...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android