コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

西村和泉 にしむらいずみ

1件 の用語解説(西村和泉の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

にしむらいずみ【西村和泉】

延宝年間(1673‐81)から現代まで続いた,江戸における鋳物師の名家。作品には,梵鐘,灯台,灯籠,水鉢,香炉,擬宝珠,鰐口,鉦鼓,仏像など,数多くある。江戸時代の法器,仏具の類で,およそ西村和泉の銘のないものはないといってよい。通称は多く伊右衛門と称す。江戸に住す。中でも梵鐘の製作は1758年(宝暦8)から1865年(慶応1)まで107年間に,564口の多きに達している。初代は1695年(元禄8)12月13日に没し,最古の作品は延宝8年(1680)銘の伏証鼓で〈天下一西村和泉作〉と記す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

西村和泉の関連キーワード中村久越尾崎氏親兼六園永閑節吉弥楽山焼難波焼福山徳潤超神ネイガーのお酒千代緑

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

西村和泉の関連情報