西村和泉(読み)にしむらいずみ

世界大百科事典 第2版の解説

にしむらいずみ【西村和泉】

延宝年間(1673‐81)から現代まで続いた,江戸における鋳物師名家。作品には,梵鐘,灯台,灯籠,水鉢,香炉擬宝珠鰐口鉦鼓,仏像など,数多くある。江戸時代法器仏具の類で,およそ西村和泉ののないものはないといってよい。通称は多く伊右衛門と称す。江戸に住す。中でも梵鐘の製作は1758年(宝暦8)から1865年(慶応1)まで107年間に,564口の多きに達している。初代は1695年(元禄8)12月13日に没し,最古の作品は延宝8年(1680)銘の伏証鼓で〈天下一西村和泉作〉と記す。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

チェブラーシカ

エドゥアールト・ウスペンスキーによるロシアの児童書「わにのゲーナ」(1967年発表)、また同作品を原作とする、人形アニメーション映画「チェブラーシカ」(1969~83年、ロマン・カチャーノフ監督)から...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android