最上川舟唄(読み)もがみがわふなうた

日本大百科全書(ニッポニカ)「最上川舟唄」の解説

最上川舟唄
もがみがわふなうた

山形県西村山郡大江町左沢(あてらざわ)の新民謡。1936年(昭和11)9月、NHK仙台局が「最上川を下る」という番組を企画、左沢の詩人渡辺国俊に「最上川舟唄」を依頼した。しかしこれに該当するものがないため、同地の民謡家後藤岩太郎とつくることを計画。柴橋(しばはし)村(現寒河江(さがえ)市)中郷の船頭後藤作太郎から教わった掛け声と、左沢の船頭後藤与三郎の母親が覚えていた『松前くずし』という船頭仲間の流行(はやり)唄を組み合わせて、今日の『最上川舟唄』の曲をまとめあげた。歌詞は、渡辺国俊が1932年に近所の船頭の女房佐藤やす(当時72歳)から聞いておいたものを元に手を加え、今日の形にまとめあげた。そして後藤岩太郎の唄で初放送し、以来全国的に知られるようになった。

[竹内 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「最上川舟唄」の解説

もがみがわ‐ふなうた もがみがは‥【最上川舟唄】

山形県の民謡。最上川の船頭たちがうたった舟唄。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「最上川舟唄」の解説

もがみがわ‐ふなうた〔もがみがは‐〕【最上川舟唄】

山形県の民謡。最上川の船頭たちがうたった舟唄。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android