コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中郷 なかごう

3件 の用語解説(中郷の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

中郷
なかごう

新潟県南西部,上越市南西部の旧村域。妙高山の北東斜面にある。 2005年上越市に編入。中心集落の二本木に関川水系の電力を利用したカセイソーダ工場があり,カセイソーダ,ソーダ薬品を産する。周辺では米のほかカシグルミを産する。上越市の中心地区とは妙高市を挟んで JR信越本線,国道 18号線で結ばれる

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

中郷
なかごう

新潟県南西部、中頸城(なかくびき)郡にあった旧村名(中郷村(むら))。現在は、上越(じょうえつ)市の南東部を占める一地区。2005年(平成17)安塚(やすづか)町、柿崎(かきざき)町、大潟(おおがた)町、吉川(よしかわ)町、板倉(いたくら)町、名立(なだち)町、浦川原(うらがわら)村、大島(おおしま)村、牧(まき)村、頸城(くびき)村、清里(きよさと)村、三和(さんわ)村とともに上越市に編入。旧村域は、妙高火山東麓(とうろく)に位置し、えちごトキめき鉄道(旧、JR信越本線)、国道18号が通じ、上信越自動車道の中郷インターチェンジがある。近世まで北国(ほっこく)街道沿いの純山村にすぎなかったが、1920年(大正9)信越本線二本木駅前に日本曹達(ソーダ)二本木工場が誘致されて以来、カ性ソーダの町として全国的に知られた。松ヶ峰(まつがみね)温泉、遊園地(妙高サンシャインランド)、ゴルフ場などが開発され、観光地としても知られるようになった。[山崎久雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

中郷の関連情報