コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最終産物阻害

栄養・生化学辞典の解説

最終産物阻害

 最終産物抑制ともいう.ある代謝経路の最終段階の産物がその経路の中間の段階を阻害する性質をもつこと.カタボライトリプレッションと近い概念で,異化産物(カタボライト)が最終産物である場合をいう.通常阻害はアロステリック効果による.このような代謝経路の阻害の様式を一般にフィードバック阻害という.この機構により,その代謝経路の反応速度が調節され,代謝生成物の生成が調節される.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android