コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有りき アリキ

デジタル大辞泉の解説

有(あ)りき

《文語ラ変動詞「あり」に文語過去の助動詞」の付いたもの》名詞などに付いて、そのことが既に存在した、また、かつてそこにあったの意を表す文語的表現。「初めに言葉有りき」「故宮ここに有りき
[補説]「結論ありきの審議会」などの用法は、結論は既に決まっており審議会は形式に過ぎないの意である。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

有りきの関連キーワード鰹・松魚・堅魚納受

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有りきの関連情報