有る(読み)アル

デジタル大辞泉「有る」の解説

あ・る【有る/在る】

[動ラ五][文]あ・り[ラ変]

事物が存在する。「庭には池が—・る」「重大な欠陥が—・る」
その場所に存在する。位置する。「本社は東京に—・る」「沖ノ鳥島は日本最南端に—・る」
ある事柄がはっきり認められる。また、ある状態に置かれていると認められる。「先方に—・る」「土地は高値安定の傾向に—・る」「大国の影響下に—・る」
それによって決まる。それ次第である。左右される。「解決の糸口は相手の出かたに—・る」
(その存在を客観的、抽象的なものとして捉え)人が存在する。居る。「昔々、おじいさんとおばあさんが—・りました」「異を唱える人も—・る」
この世に生きている。生存している。「世に—・る間」
ある場所に身を置く。また、特定の位置・状態にいる。「現場に—・って指揮に当たる」「長年、会長の職に—・った」「病床に—・る」「逆境に—・ってもくじけない」
自分のものや付属として持っている。所持・所有している。「財産が—・る」「投票権が—・る」「バラにはとげが—・る」
身に付いたものとして持っている。中に持つ。備わる。含まれる。「教養が—・る」「貫禄が—・る」
10 ある考え・気持ち・感覚などを持っている。「お願いが—・る」「言いたいことが—・る」「かすかな痛みが—・る」
11 時間的、空間的に、その数量であることを表す。「開幕まで一週間—・る」「彼は一八〇センチ—・る」
12 事が起こる。事柄が発生する。出来しゅったいする。また、物事が行われる。「昨夜、地震が—・った」「土砂崩れの—・った現場」「これから重大発表が—・る」「一言、謝罪が—・ってもいいだろう」
13 時間がたつ。「やや—・って口を開いた」
14 特定の語句と結び付いた形全体で、種々の味を表す。
㋐(引用の「と」を受けた「とある」の形で)…と書いてある。…という。…ということだ。「メモには午後二時に来社すると—・る」「命令と—・ればしかたがない」「死んだと—・ればあきらめもつく」
㋑(「とあって」の形で)状況・結果がそうであるので。…ということなので。「行楽シーズンと—・って道路が相当混む」「合意の上と—・っては反対もできない」
㋒(「だけある」「だけのことはある」の形で)それにふさわしい状態・結果が得られることを表す。「自慢するだけ—・ってよくできている」「さすが特訓しただけのことは—・る」
㋓(「ことがある」の形で)場合によっては…する、…の経験をしている、などの意を表す。「季節によってメニューの一部を変更することが—・ります」「富士には何回も登ったことが—・る」
㋔(「にあって」の形で)その範囲で、…において、の意を表す。「わが党に—・って随一の政策通だ」
補助動詞
動詞の連用形に接続助詞「て」を添えた形に付いて用いる。
㋐ある動作や行為などの結果が現在まで引き続いている意を表す。「花が生けて—・る」「ドアが閉めて—・る」
㋑何かに備えてすでに用意がなされていることを表す。「軍隊を待機させて—・る」「彼女には前もって伝えて—・る」
㋒(「…にしてある」の形で)そうなっていないが、そうなったものとみなしていることを表す。「心配をかけないように、元気でいることにして—・る」
動詞の連用形に接続助詞つつ」を添えた形に付いて、動作・作用が継続して現在も行われていることを表す。「梅のつぼみがほころびつつ—・る」「月がのぼりつつ—・る」
名詞助動詞「だ」の連用形「で」を添えた形に付いて、事柄の説明で、そのような性質をもっている、そのような状態・事態である、と判断する意を表す。「人間は考えるあしで—・る」「トマトはナス科植物で—・る」
形容詞・形容動詞の連用形、または、その連用形に助詞を添えた形に付いて、そういう性質をもっている、そういう状態であることを言い定める意を表す。「常に美しく—・りたいと願う」「悲しくは—・るが、じっと耐えよう」
動詞の連用形や動作性の漢語名詞などに付いて、多く「お…ある」「…ある」の形で、その動作をする人に対する尊敬を表す。「おいで—・れ」「御笑覧—・れ」
[補説](1) 「ある」は、広く、五感などを通して、空間的、時間的に事物・事柄の存在が認められる意がおおもと。古くは「昔、男ありけり」〈伊勢・二〉のように、人に関しても用いたが、現在ではふつう人間・動物以外の事物についていい、人間・動物については「いる」を用いる。しかし、「予想外の参加者があった」「強い味方がある」など、人に関しても「ある」が用いられることがあり、この場合は人が概念化・抽象化した立場でとらえられていたり、所有の意識が認められていたりする。(2) 補助動詞としての「つつある」2は英語などの進行形の直訳的表現。文語の補助動詞「あり」は一部の副詞「かく」「しか」「さ」などや、助動詞の「ず」「べし」の連用形に付いて用いられることがある。「けり」「たり」「なり」「めり」などのラ変型活用の助動詞および形容詞語尾「かり」、形容動詞語尾「たり」「なり」などは、いずれも「あり」が他の要素と結合してできたもの。ふつう、存在する意の場合は「在」を、所有する意の場合は「有」の字を当てるが、かな書きにすることも多い。なお、「ある」の打消しは文語では「あらず」であるが、口語では「あらない」とはいわず、形容詞の「ない」を用いる。
[下接句]余り物に福がある上には上がある腕に覚えがある裏には裏がある気がある二度ある事は三度ある残り物に福がある花も実もある一癖も二癖もある身に覚えがある脈がある一年の計は元旦にあり遠慮なければ近憂あり壁に耳ありからす反哺はんぽの孝あり国破れて山河あり心ここに在らず沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり死生めいあり信あれば徳あり捨てる神あれば拾う神あり生ある者は必ず死あり積悪の家には必ず余殃よおうあり積善の家には必ず余慶あり男子家をいずれば七人の敵ありつめに爪なくうりに爪あり敵は本能寺にあり人間にんげん到る所青山あり初め有るものは必ず終わり有りはとに三枝の礼有り待てば海路の日和ひよりあり待てば甘露の日和あり身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ楽あれば苦あり我思うゆえに我在り
[類語]居るいらっしゃるおる居合わせる控える・おられる・おいでになるおわすおわしますまします存在

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android