有る限り(読み)アルカギリ

デジタル大辞泉「有る限り」の解説

ある‐かぎり【有る限り】

[連語]
あるだけ全部。ありったけ。「有る限りの力を出しきる」
その場にいる人のすべて。全員
「走り打ちて逃ぐれば、―笑ふ」〈・三〉
生きている間。
女親といふ人、―はありけるを」〈かげろふ・上〉
[類語]凡て有りったけあらゆる有りとあらゆる

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android