コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

あらゆる アラユル

デジタル大辞泉の解説

あら‐ゆる

[連体]《動詞「あり」の未然形+上代の可能の助動詞「ゆ」の連体形から。ありうる、の意》あるかぎりの。すべての。「あらゆる角度から検討する」「あらゆる可能性」
[補説]古く「所有」「所在」などと書いた。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あらゆる

( 連体 )
〔動詞「あり」に助動詞「ゆ」の連体形「ゆる」が付いてできた語〕
すべての。あるかぎりの。ありとあらゆる。 「 -方面」 「 -機会」 「 -手段を講じる」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

あらゆるの関連キーワードユビキタスコンピューティング草の根を分けて捜す色を替え品を替えるグランドセオリーユビキタス社会アイデアリズムエヴリウエア何としてでも手を尽くす分化全能性八百万の神口を極めるユビキタス四方八方万物流転事事物物国交断絶一切皆空賢者の石無想無念

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

あらゆるの関連情報