有声化(読み)ゆうせいか

精選版 日本国語大辞典「有声化」の解説

ゆうせい‐か イウセイクヮ【有声化】

〘名〙 声帯の振動を伴わない音が、声帯の振動を伴う音と隣接することによって、声帯の振動を伴う音に変化する現象。
※標準語法精説(1922)〈小林好日〉二「無声の子音が有声音の間に介まれて居る場合には往々有声化することがある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android