コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小林好日 こばやしよしはる

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小林好日
こばやしよしはる

[生]1886.8.19. 東京
[没]1948.2.11. 仙台
国語学者。 1912年東京帝国大学国文科卒業。東洋大学などで教えたあと,34年東北帝国大学助教授。 35年同大学教授。文法論,文法史が専門。東北帝国大学着任後は東北方言の研究にも従事し,文献学的知識をふまえた言語地理学的研究などを行なった。著書は『日本文法史』 (1936) ,『国語学の諸問題』 (論文集,41) ,『国語学通論』 (44) ,『東北の方言』 (44) ,『方言語彙学的研究』 (50) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

こばやしよしはる【小林好日】

1886~1948) 国語学者。東京生まれ。東北大教授。文法理論・奥羽方言の研究などに業績を残した。著「国語国文法要義」「方言語彙学的研究」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

小林好日の関連キーワード633美の里ナンバースクールニゲルいの(町)吾北岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグ自民党総裁選愛知名港花き地方卸売市場(仮称)

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android