コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有声音 ゆうせいおんvoiced sound

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

有声音
ゆうせいおん
voiced sound

調音の持続部において,同時に声帯振動を伴う音。特に子音をさす。無声音の対。日本語 (東京方言など) ではバ行の[b],マ行の[m],ワ行の[w],ダ行の[d] (ダ,デ,ド) と[dz] (ヅ,ズ) ,[dʒ] (ヂ,ジ) ,母音間のザ行に普通現る[z]と[ʒ] (非母音間では[dz]と[dʒ]) ,ナ行の[n]と[ɲ],ラ行の[r],ヤ行の[j],ガ行の[ɡ]と[ŋ]と概略的に表記される音,それと撥音のンにあた各種の音,および無声化していない母音が有音である。なお,持続部の前半ないし後半のみに声帯の振動を伴う音は「半有声音」といって,[。]で表わす。英語の[e] ([bed]とも書く) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ゆうせい‐おん〔イウセイ‐〕【有声音】

声帯の振動を伴って発する音。母音は一般に有声音で、子音では[b][d][g][z][ʒ][dz][n][m][ŋ][w][r][l]など。⇔無声音

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆうせいおん【有声音】

発音するとき、声帯の振動を伴う音。無声音に対する。[b][d][g][m][n][ŋ][v][z][ʒ] などの子音や、普通の母音がこれに属する。 ↔ 無声音

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有声音
ゆうせいおん

呼気流による声帯振動によって生じる「声」を伴う言語音。無声音に対する。多くの言語で母音・鼻音は有声音であ、それと音韻的に対立する(異なる音として識別される)無声音をもたない。たとえば、東京方言の[ki](岸)において、話者・聴者はこの二つの母音を同じ「イ」と認識し、普通は最初の母音が無声音であることにすら気づかない。呼気流が口腔(こうこう)の一部の閉鎖により一時的に保持され、続いて閉鎖の開放が行われる閉鎖音・破擦音では、声の開始時点が閉鎖の開放に先行するものが有声音である(たとえば日本語のガ・ザ・ダ・バ行音)。有声音であるかどうかは、発音の際に指でのどぼとけに触れることにより、簡単に判別できる。[山田 進]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の有声音の言及

【子音】より

…これが鼻音である。(4)声門において(a)二つの声帯が固く接触すれば声門閉鎖音[ʔ]となり,(b)声帯の接触がゆるければ,肺から流出する空気に声帯が押し上げられて振動し,ここに〈こえ〉が発生して有声音となる。(c)両方の声帯が接近すれば摩擦が生じ声門摩擦音[h]となる。…

※「有声音」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

有声音の関連キーワードグリムの法則(言語学)ウェルネルの法則ハム・セム語族グリムの法則発音(言語)フォルマントチベット語声門閉鎖ささやき口話法破裂音ピッチ朝鮮語有声化中国語半濁音鼻濁音山田韻母清音

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android