有期雇用(読み)ユウキコヨウ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

有期雇用

半年や1年更新の契約社員や期間工、日雇いなど、働く期間があらかじめ決まっている雇用契約(有期労働契約)を結ぶ働き方。パートやアルバイトも、契約期間が決まっていれば有期雇用に含まれる。正社員のように、定年まで働けるのは無期雇用。

(2013-03-01 朝日新聞 夕刊 1総合)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有期雇用
ゆうきこよう

期限を定めた雇用形態。定年まで働く正社員(無期雇用)とは異なる、非正社員の雇用形態である。総務省の「労働力調査」によると、2013年(平成25)1月時点での有期雇用の労働者数(1か月未満の日雇い、1年未満の臨時雇い、3年未満の有期雇用者の合計)は、全労働者のおよそ4分の1、約1410万人に上る。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有期雇用の関連情報