コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有松英義 ありまつ ひでよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有松英義 ありまつ-ひでよし

1863-1927 明治-大正時代の官僚。
文久3年6月10日生まれ。明治23年判事となり,司法省参事官,内務省警保局長,三重県知事などをつとめ,44年貴族院議員となる。のち法制局長官兼拓殖局長官をへて,大正9年枢密顧問官。昭和2年10月24日死去。65歳。備前(岡山県)出身。独逸学(ドイツがく)協会学校(現独協大)卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

有松英義

没年:昭和2.10.24(1927)
生年:文久3.6.10(1863.7.25)
明治大正期の官僚。父は岡山藩士。岡山県出身。郷里で小学校教員をしていたが,陸奥宗光『理学正宗』に感銘を受け上京を決意。同郷の先輩,小松原英太郎のすすめで明治21(1888)年,独逸学協会学校(独協大学)に入学。卒業後,判事試補。井上馨の自治党機関紙『自治新誌』の編集に従事。司法省参事官,農商務参事官,内務書記官兼法制局参事官を歴任。32年,警保局課長として治安警察法を立案。法制局第2部長を経て,36年,警保局長となる。翌年三重県知事に転ずる。41年に再び警保局長。44年,貴族院議員(研究会所属)。大正9(1920)年より枢密顧問官。<参考文献>警察協会『故有松英義君追悼録』

(柴崎力栄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

有松英義の関連キーワード大正時代大逆事件

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android