枢密顧問官(読み)すうみつこもんかん

精選版 日本国語大辞典の解説

すうみつ‐こもんかん ‥コモンクヮン【枢密顧問官】

〘名〙 旧憲法下で、枢密院③の構成員であった顧問官。定員は大正二年(一九一三)以降二四名。枢密院議長・副議長とともに枢密院を組織し、天皇の諮問にこたえて、重要な国務の審議を行なう親任官。元勲および国務に練達した年齢四〇歳以上の人を任じた。東京に在住する成年以上の皇族男子および各省大臣は、身分上または職権上からこの地位を有した。〔高等官官等俸給令(明治二五年)(1892)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の枢密顧問官の言及

【枢密院】より

…一般に君主の最高諮問機関の名称として用いられる。君主の任命する枢密顧問官の合議体で,絶対君主制のもとで重要な役割を果たしたが,議会の勢力が強まり,これに対応して内閣制度が確立すると,その役割は低下する。日本の場合,枢密院は官僚勢力の牙城で,しかも比較的早くから政党が内閣をにぎりはじめたため,これと対抗し牽制する役割を担い,長く活動を続けた。…

※「枢密顧問官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報