有森裕子(読み)ありもりゆうこ

  • 有森裕子 ありもり-ゆうこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

1966- 平成時代のマラソン選手。
昭和41年12月17日生まれ。平成元年リクルートに入社。3年大阪国際女子で2位,世界陸上で4位。4年バルセロナ五輪で日本の女子陸上では人見絹枝以来64年ぶりの銀メダリストとなる。7年北海道マラソンで優勝。8年アトランタ五輪で銅メダル。10年ハート・オブ・ゴールドを設立,代表となる。14年国連人口基金親善大使,15年国際陸連(IAAF)の女性委員,19年日本陸上競技連盟理事にえらばれた。岡山県出身。日本体育大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有森裕子の関連情報