コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有森裕子 ありもりゆうこ

知恵蔵miniの解説

有森裕子

元女子マラソン選手。1966年12月17日生まれ。バルセロナ五輪で銀メダルを獲得し、日本女子陸上界で64年ぶりのメダル獲得という快挙を成し遂げる。次のアトランタ五輪では銅メダルを獲得、二大会連続のメダル獲得は日本女子陸上界で初。2007年、引退。その後、日本陸上競技連盟理事に就任。

(2012‐06‐26)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有森裕子 ありもり-ゆうこ

1966- 平成時代のマラソン選手。
昭和41年12月17日生まれ。平成元年リクルートに入社。3年大阪国際女子で2位,世界陸上で4位。4年バルセロナ五輪で日本の女子陸上では人見絹枝以来64年ぶりの銀メダリストとなる。7年北海道マラソンで優勝。8年アトランタ五輪で銅メダル。10年ハート・オブ・ゴールドを設立,代表となる。14年国連人口基金親善大使,15年国際陸連(IAAF)の女性委員,19年日本陸上競技連盟理事にえらばれた。岡山県出身。日本体育大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

有森 裕子


芸名
有森 裕子

性別
女性

生年月日
1966/12/17

星座
いて座

干支
午年

出身地
岡山県

ブログタイトル
有森裕子のanimo!日記

ブログURL
http://animo.aspota.jp/

職種
スポーツ

プロフィール
1966年岡山県生まれ。就実高校、日本体育大学を卒業して、株式会社リクルート入社。バルセロナオリンピック、アトランタオリンピックの女子マラソンでは銀メダル、銅メダルを獲得。2007年2月18日、日本初の大規模市民マラソン「東京マラソン2007」で、プロマラソンランナーを引退。1998年NPO「ハート・オブ・ゴールド」設立、代表就任。2002年4月アスリートのマネジメント会社「ライツ」設立、取締役就任。国際陸連(IAAF)女性委員会委員、国連人口基金親善大使、認定NPO法人スペシャルオリンピックス日本 理事長、他。2010年6月、国際オリンピック委員会(IOC)女性スポーツ賞を日本人として初めて受賞。米国コロラド州ボルダーに拠点を置きながら、日本をはじめ世界で活躍する。

代表作品
著書『有森裕子のマラソンブック フルマラソンで4時間を切る!』(2009) / 著書『スマイル・ランニング フォー・レディース』(2009) / 著書『わたし革命』(2003)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

有森裕子の関連キーワードバルセロナ・オリンピック競技大会山陽女子ロードレース大会ワレンティナ エゴロワ初動負荷トレーニングマラソンレース有森裕子杯小出義雄白石宏

今日のキーワード

ディーセント・ワーク

ディーセント・ワーク(Decent Work)とは1999年、ILO(国際労働機関)のフアン・ソマビア事務局長が就任時に掲げたスローガンです。「人間らしいやりがいのある仕事」「適切な仕事」などと邦訳さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有森裕子の関連情報