コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有楽町層 ゆうらくちょうそう

百科事典マイペディアの解説

有楽町層【ゆうらくちょうそう】

東京の下町をつくる沖積層の上部。粘土・砂を主とする。沖積層の下部は七号地層と呼ばれ,有楽町層とは軽微な不整合関係と考えられている。ウルム氷期に海水面の低下に伴い浸食された谷が,その後の世界的な海進の際に埋められたもので,日本各地の海岸平野に,有楽町層・七号地層と同時期の堆積物が広く分布する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android