コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有芯凝固 ゆうしんぎょうこcoring

岩石学辞典の解説

有芯凝固

凝固は,多数の固相が形成され,それらが成長することで進行するので,おのおのの核には中心すなわち芯から周辺に向かって組成勾配がある.その結果,この非平衡効果は芯の形成あるいは有芯凝固と呼ばれることが多い.共晶系の合金を非平衡的な速度で冷却する場合には凝固温度が下げられて有芯凝固が起こる.固体の中心部と外周部に組成の差を生じる微構造が見られる[ゴードン : 1971,野田編 : 1977].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

有芯凝固の関連キーワード芯組織

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android