コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有芯凝固 ゆうしんぎょうこ coring

1件 の用語解説(有芯凝固の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

有芯凝固

凝固は,多数の固相の核が形成され,それらが成長することで進行するので,おのおのの核には中心すなわち芯から周辺に向かって組成の勾配がある.その結果,この非平衡効果は芯の形成あるいは有芯凝固呼ばれることが多い.共晶系の合金を非平衡的な速度で冷却する場合には凝固温度が下げられて有芯凝固が起こる.固体の中心部と外周部に組成の差を生じる微構造が見られるゴードン : 1971,野田編 : 1977].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

有芯凝固の関連キーワード固相柱状節理核の発生赤血球形成固相分離線ハロー現象分解熔融点包晶反応水和作用がまの穂病(ブルーグラス)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone