コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬氏恒 ありま うじつね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

有馬氏恒 ありま-うじつね

1739-1760 江戸時代中期の大名。
元文4年生まれ。信濃(しなの)(長野県)飯田藩主堀親蔵(ちかただ)の4男。有馬氏久の養子となり,宝暦9年伊勢(いせ)(三重県)西条藩主有馬家3代となるが,10年2月24日死去。22歳。在任は8ヵ月余にすぎなかった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

有馬氏恒の関連キーワード前古典派音楽ハモンドハモンドジョン・L.L.B. ハモンド霊空ペシェッティ大岡忠光バンハルビビエーナ(一家)ミッチェル

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone