コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有馬流 アリマリュウ

デジタル大辞泉の解説

ありま‐りゅう〔‐リウ〕【有馬流】

剣術の流派の一。室町末期に有馬乾信(もとのぶ)が興したといわれる。有馬神道流

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ありまりゅう【有馬流】

剣術の一派。祖は有馬大和守乾信もとのぶ。室町末期に興る。神道有馬流。有馬神道流。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

有馬流
ありまりゅう

剣術の天真正伝神道流(鹿島(かしま)系)の一派で有馬神道流ともいう。流祖有馬大和守(やまとのかみ)幹信は松本備前守(びぜんのかみ)政信について刀槍(とうそう)の術に達し、刺撃の法に妙を得て、有馬大膳時貞、柏原篠兵衛盛重らに伝えたという。紀州藩の伝書では、幹信の養子大炊頭満盛(おおいのかみみつもり)は常陸(ひたち)国(茨城県)津賀(つが)の城主津賀大膳政勝の弟で、諸国を巡歴し、三河国(愛知県)岡崎で徳川家康に家伝の兵法極意を伝授して青江の太刀(たち)を拝領したという。満盛の孫豊前満秋(ぶぜんみつあき)は家康に200石で召し抱えられ、1613年(慶長18)3月、家の極意無一剣を家康からじきじきに伝授され、紀州頼宣(よりのぶ)の御附(おつき)として1619年(元和5)その入国に随行した。以後代々剣術を家業として師範役を勤めたが、1733年(享保18)に至り、高弟竹森源七へ奥儀を残らず伝授し、これより竹森流と称する。[渡邉一郎]
『『南紀徳川史 第17冊』(1931・同刊行会/復刻版・1972・名著出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

有馬流の関連キーワード南紀徳川史飯篠長威斎柏原盛重一派剣道剣術

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android