コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

南紀徳川史 なんきとくがわし

2件 の用語解説(南紀徳川史の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

南紀徳川史
なんきとくがわし

堀内信著。 18巻 18冊。 1898年完成。和歌山藩の藩史。慶長7 (1602) 年の藩祖徳川頼宣誕生より版籍奉還にいたるまで,各藩主の事績,家臣の列伝をはじめ,軍制,法制の項目を立て,藩政全般にわたる史料を集めて編纂した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南紀徳川史
なんきとくがわし

堀内信が編纂(へんさん)した紀州藩の基本的な史料集。目録一冊とともに18冊からなる。1602年(慶長7)の徳川頼宣(よりのぶ)誕生から1871年(明治4)の徳川茂承(もちつぐ)の東京移住までを収める。1901年(明治34)に完成し、1930~33年(昭和5~8)刊行、70~72年(昭和45~47)復刻。歴代藩主、名臣、文学、武術、方技、俊傑、孝子、烈女、高僧伝、職制、禄(ろく)制、郡制、財政、軍制、法令、典礼、服制、社寺、学制、城郭、刑法からなる。[安藤精一]
『堀内信編『南紀徳川史』復刻版・全18巻(1970~72・名著出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

南紀徳川史の関連キーワード堀内長春斎(八代)堀内不識斎武江年表堀内類聚名物考愛知県安城市堀内町嵯峨保二津軽信著守貞謾稿(守貞漫稿)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone