コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

服部範忠 はっとり のりただ

2件 の用語解説(服部範忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

服部範忠 はっとり-のりただ

?-? 江戸時代中期の本草家。
江戸の町医。享保(きょうほう)12年(1727)植物の形態を図入りで解説した「薬圃図纂(やくほずさん)」と彩色図入りの「人参譜(にんじんふ)」を,元文2年「本草綱目」を解説した「本草和談」を,3年約200種の蔬菜(そさい)や魚の彩色図入りの「菜魚図讃」をあらわした。通称は活斎。号は玄黄,玄広。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

服部範忠

生年:生没年不詳
江戸中期の医者,本草学者。号は玄黄,玄広。活斎と称す。江戸の町医で,松岡恕庵阿部将翁らと同時期の享保年間(1716~36)に活躍した。医学と本草を 橘商山 に学んだらしい。『霊枢考述』『万痾名数』などの医書も残したが,本領は本草学にある。『薬圃図纂』(1726)で植物の形態をわが国で初めて専門的に図解し,『人参譜』(1727)では当時盛んに試作された朝鮮人参の真偽を区別する図を描いている。また中国から渡来して当時の本草学の典拠となっていた『本草綱目』を和解し,元文2(1737)年『本草和談』を著す。この書からは文献を読む際に範忠がいかに正確を期していたかがわかる。<参考文献>上野益三解説『薬圃図纂』

(木村陽二郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

服部範忠の関連キーワード松岡玄達児玉良悦本草家本草学氏家道察木内政章桐山正哲後藤梨春百々俊道廬草碩

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone