玄黄(読み)げんこう

精選版 日本国語大辞典「玄黄」の解説

げん‐こう ‥クヮウ【玄黄】

〘名〙
であるの色である。また、天と地。
※続日本後紀‐承和元年(834)正月丁卯「黄蕭索之光、丹紫輪囷之采」 〔易経‐坤卦〕
② 黒色と黄色の幣帛。〔書経‐武成〕
③ (黒色の馬が病気になると黄色になるというところから) 病気の馬。〔詩経周南・巻耳〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「玄黄」の解説

げん‐こう〔‐クワウ〕【玄黄】

天の色を表す黒と、地の色を表す黄。天と地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「玄黄」の解説

【玄黄】げんこう(くわう)

天は黒、地は黄。天地の色。また、ものの衰え、枯れる色をいう。〔、周南、巻耳〕彼の高岡に陟(のぼ)れば 我が馬玄

字通「玄」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

秋の名残

秋の趣を感じさせる最後のもの。冬になっても残っている秋の趣。《季・秋》※堀河百首(1105‐06頃)冬「いかばかり秋の名残をながめまし今朝は木葉に嵐吹かずは〈源俊頼〉」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android