コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月の モチヅキノ

デジタル大辞泉の解説

もちづき‐の【望月の】

[枕]満月の欠けたところのない意から、「湛(たたは)し」「たれる」「めずらし」にかかる。
「―足(た)れる面わに花のごと笑みて立てれば」〈・一八〇七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もちづきの【望月の】

( 枕詞 )
満月の欠けたところなく見事なことから、「たたはし」「たれる」「めづらし」にかかる。 「春花の貴からむと-たたはしけむと/万葉集 167」 「 -足れる面わに/万葉集 1807」 「 -いやめづらしみ/万葉集 196

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

望月のの関連キーワード望月太左衛門(4世)望月(満月)堅田 喜代蔵後一条天皇太陰太陽暦金春 八条月(周期)望月(能)土御門殿辞世の句藤原道長藤原威子関の清水望月の駒藤原良房たたわし中国暦太陰暦置閏法授時暦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

望月のの関連情報