満月(読み)まんげつ

精選版 日本国語大辞典「満月」の解説

まん‐げつ【満月】

〘名〙
① 欠けるところなく、円形に輝いて見える。太陽・地球・月の順にほぼ直線上に並ぶときの現象で、新月から一四、五日して現われる。(ぼう)。もちづき。まんがつ。十五夜の月。《季・秋》
※続日本紀‐養老三年(719)一一月乙卯「戒珠如満月、慧水若滄溟」 〔張九齢‐賦得自君之出矣詩〕
② 琵琶の部分の名。腹板の表にあるまるい孔。〔二十巻本和名抄(934頃)〕
③ 出産予定の月が満ちること。臨月。うみづき。
※雑俳・柳多留‐四八(1809)「満月になると三ケ月落す也」

まん‐がつ ‥グヮツ【満月】

〘名〙 =まんげつ(満月)
※高野本平家(13C前)五「白毫新におがまれ給ひし満月(マングツ)尊容も」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「満月」の解説

満月
まんげつ
full moon

の位置にある月。ともいう。このとき月面は,月食でないかぎり,地球側の半面全体に太陽の光を受けて円形に輝き,その光度は-12.6等。これは金星の最も明るいときの約 1900倍の光量にあたる。古来日本では,旧暦8月の満月を「中秋名月」として珍重し,月見を催した。また,満月の月面に肉眼で認められる明暗模様は,昔から世界の各地方,各民族で,うさぎかに,双子その他さまざまな形に見立てられ,固有の伝説を残している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「満月」の解説

まん‐げつ【満月】

全面が輝いて円く見える月。月と太陽の黄経の差が180度になったときに起こる。十五夜の月。ぼう。もちづき。 秋》新月
琵琶びわの部分の名。隠月いんげつの異称。
[補説]書名別項。→満月
[類語](1望月明月名月月輪夕月立ち待ち月居待ち月寝待ち月残月有明の月新月三日月上弦下弦弦月弓張り月半月春月朧月寒月

まんげつ【満月】[書名]

原田康子のファンタジー小説。昭和59年(1984)刊行。平成3年(1991)には大森一樹監督により映画化されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「満月」の解説

満月【まんげつ】

円形に輝く月。地球から見て太陽と反対方向になったとき(望)の月である。新月の対。→月齢

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「満月」の解説

まんげつ【満月 full moon】

月と太陽の視黄経の差が180゜となる瞬時,すなわち望のこと,またそのときの月をいう。月と太陽は地球を中にほぼ反対側にある(正反対のときは月食)。太陽は月面をまともに照射するので,粗な物質におおわれている月面はどの点も最大の明るさに達し縁も中央部も同じ輝度となる。天体としての光度はその前後の時期に比べて特別に大きく(衝効果という),平均値は-12.5等級,太陽の50万分の1である。天頂にあるときの地面照度は0.22lx,上方21mにつるした100Wの電灯の照度と同じである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の満月の言及

【月】より

…新月から1週間もたつと半分だけ輝く上弦の半月になり,夕方太陽が西に沈むころに南中する。新月から14.765日たつと,月が太陽と反対側の位置にきて満月となる。月齢がほぼ15日なので,満月の夜は十五夜と呼ばれ,太陽が西に沈むころに東の空に現れる。…

※「満月」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

法人税

法人税法 (昭和 40年法律 34号) に基づき法人の所得などについて課せられる国税。国税中所得税と並び収納額が多い。法人所得税と意味は同じである。納税義務者は,日本国内に本店または主たる事務所をもつ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android