コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月昶孝 もちづき のぶたか

1件 の用語解説(望月昶孝の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月昶孝 もちづき-のぶたか

1938- 昭和後期-平成時代の詩人。
昭和13年5月19日生まれ。中学生のときに詩作をはじめる。昭和38年郷原宏とともに詩誌「長帽子」を創刊。自然と人間の隔絶を意識したあたらしい叙情詩をこころみ,41年詩集「島へ」を刊行。ほかに「鏡面感覚」「路傍暮色」「童話のない国」「朝食」などがある。東京出身。早大卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

望月昶孝の関連キーワード会田千衣子石川逸子高良留美子城侑正津勉田中清光鶴岡善久寺門仁河野道代池井昌樹

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone