望月玉仙(読み)もちづき ぎょくせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「望月玉仙」の解説

望月玉仙 もちづき-ぎょくせん

1744-1795 江戸時代中期の画家
延享元年生まれ。望月玉蟾(ぎょくせん)の子。画法をつぐ。はじめ玉蟾,また誠斎と号し,父と区別して玉蟾誠斎とよばれた。寛政7年5月10日死去。52歳。名は,重祐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android