望月 源治(読み)モチヅキ ゲンジ

20世紀日本人名事典の解説

望月 源治
モチヅキ ゲンジ

大正・昭和期の労働運動家



生年
明治35(1902)年4月11日

没年
昭和36(1961)年10月12日

出生地
静岡県庵原郡富士川町木島

本名
望月 源次

学歴〔年〕
高等小学校卒

経歴
大正8年石川島造船所に仕上工として入所、同造船所争議に参加し、以後労働運動に参加。10年足立製作所機械打ちこわし事件で検挙され、懲役8カ月に処せられる。出獄後も多くの争議を指導し、13年総同盟関東労働同盟会主事となり、14年中央争議部長に就任。この間日本労農党、日本大衆党などに参加。昭和4年東京府中野町議となる。やがて国家社会主義運動に同調し、7年日本国家社会党の結党に参加し、中央執行委員になる。この頃からわかもと製薬に入社、宣伝部長として満州との間を往復する。戦後は実業家として活躍した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android