結党(読み)けっとう

精選版 日本国語大辞典「結党」の解説

けっ‐とう ‥タウ【結党】

〘名〙
党派を結成すること。仲間をあつめて徒党を組むこと。
※明六雑誌‐四三号(1875)尊王攘夷説〈阪谷素〉「分輩結党唯己の私を達せんとして国家の公論を抑圧し」 〔漢書‐西域伝賛〕
② 政党を組織すること。
※朝野新聞‐明治二三年(1890)九月一六日「当日は結党式もあればと其近傍の同温泉に保養せんと出掛けたるに」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「結党」の解説

けっ‐とう〔‐タウ〕【結党】

[名](スル)
徒党を組むこと。党派をつくること。
政党を結成すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android