コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝倉喬司 あさくら きょうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝倉喬司 あさくら-きょうじ

1943-2010 昭和後期-平成時代のノンフィクション作家。
昭和18年6月23日生まれ。ベトナム反戦運動にかかわった後,「週刊現代」の記者となる。昭和57年フリーとなり,犯罪ルポを中心に執筆活動をつづけた。平成22年12月9日自宅アパートで死亡しているのが発見された。67歳。岐阜県出身。早大中退。本名は大島啓司(ひろし)。著作に「犯罪風土記」「流行り唄の誕生」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝倉喬司の関連キーワード市川 団蔵(8代目)

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android