コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝原 アシタノハラ

デジタル大辞泉の解説

あした‐の‐はら【朝原】

奈良県北西部、北葛城郡王寺町から香芝町にかけての丘陵。「片岡の朝の原」と続けて詠まれた歌が多い。[歌枕
「明日からは若菜つまむと片岡の―は今日ぞ焼くめる」〈拾遺・春〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あしたのはら【朝原】

奈良県北葛城郡王寺町から香芝市にかけての丘陵。⦅歌枕⦆ 「霧立ちて鴈かりぞなくなる片岡の-はもみぢしぬらむ/古今 秋下

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

朝原の関連キーワード釣りバカ日誌〈18〉ハマちゃんスーさん瀬戸の約束釣りバカ日誌〈17〉あとは能登なれ ハマとなれ釣りバカ日誌〈15〉ハマちゃんに明日はない!?釣りバカ日誌〈19〉ようこそ!鈴木建設御一行様釣りバカ日誌〈16〉浜崎は今日もダメだった♪釣りバカ日誌〈14〉お遍路大パニック!釣りバカ日誌〈20〉ファイナル奈良県北葛城郡王寺町おもな浪花節の演目サルゴン(1世)サラリーマン専科後宇多天皇朝原内親王酒人内親王陸上競技桓武天皇奥野史子横江荘茜部荘泥の河

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝原の関連情報