コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝明渓谷 あさけけいこく

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕朝明渓谷(あさけけいこく)


三重県北部、朝明川上流にある渓谷。延長約4km。花崗(かこう)岩地帯を流れる。鈴鹿(すずか)山脈の登山基地で、キャンプ場や山小屋などの設備が整う。渓谷へは東海(とうかい)自然歩道が通じる。鈴鹿国定公園に属する。

出典|講談社日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝明渓谷
あさけけいこく

三重県北部、三重郡菰野(こもの)町にある渓谷。鈴鹿(すずか)山脈の釈迦(しゃか)ヶ岳(1092メートル)と御在所(ございしょ)山(1212メートル)との間を東流する朝明川の最上流部、花崗(かこう)岩の間に約1.5キロメートル続く。鈴鹿国定公園に含まれる。湯の山温泉から東海自然歩道が続き、キャンプ場、山小屋が整備され、ハイキング、釣り、登山が楽しめる。近畿日本鉄道湯の山線菰野駅からバスが通じる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝明渓谷の関連情報