コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝明渓谷 あさけけいこく

2件 の用語解説(朝明渓谷の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕朝明渓谷(あさけけいこく)


三重県北部、朝明川上流にある渓谷。延長約4km。花崗(かこう)岩地帯を流れる。鈴鹿(すずか)山脈の登山基地で、キャンプ場や山小屋などの設備が整う。渓谷へは東海(とうかい)自然歩道が通じる。鈴鹿国定公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝明渓谷
あさけけいこく

三重県北部、三重郡菰野(こもの)町にある渓谷。鈴鹿(すずか)山脈の釈迦(しゃか)ヶ岳(1092メートル)と御在所(ございしょ)山(1212メートル)との間を東流する朝明川の最上流部、花崗(かこう)岩の間に約1.5キロメートル続く。鈴鹿国定公園に含まれる。湯の山温泉から東海自然歩道が続き、キャンプ場、山小屋が整備され、ハイキング、釣り、登山が楽しめる。近畿日本鉄道湯の山線菰野駅からバスが通じる。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝明渓谷の関連キーワード竜王峡いなべ小安峡川上峡接岨峡名栗渓谷西沢渓谷碧玉渓琉璃渓菰野[町]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

朝明渓谷の関連情報