コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鈴鹿山脈 すずかさんみゃく

7件 の用語解説(鈴鹿山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鈴鹿山脈
すずかさんみゃく

北勢アルプス呼ばれることもある。三重・滋賀県境にある山脈。北は霊仙山 (1084m) から南は鈴鹿峠まで約 50km,幅約 10kmにわたる。最高峰は北部の御池岳 (1247m) 。東に急傾斜する傾動地塊で,西は緩傾斜をなし近江盆地へ続く。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

すずか‐さんみゃく【鈴鹿山脈】

三重・滋賀県境を南北に走る山脈。最高峰は御池岳(おいけがたけ)で、標高1247メートル。主峰は御在所山(ございしょやま)釈迦ヶ岳・藤原岳など。カモシカの生息地。北勢アルプス

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

鈴鹿山脈【すずかさんみゃく】

三重・滋賀県境をなし,南北に連なる地塁山地。おもに古生層からなり,平均標高1000m,主峰は御在所山。古くから東西交通の障害をなし,鈴鹿関不破(ふわ)関の2関があった。
→関連項目伊賀[町]伊勢平野永源寺[町]愛知川菰野[町]滋賀[県]鈴鹿峠大安[町]千草街道八風街道藤原[町]北勢[町]三重[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

すずかさんみゃく【鈴鹿山脈】

三重県と滋賀県の県境をほぼ南北方向に走る山脈。長さ約55km,平均標高1000m。北は関ヶ原の低地を隔てて伊吹(いぶき)山地に続き,南は加太(かぶと)の鞍部をはさんで布引(ぬのびき)山地に接している。新生代後期に近畿地方でみられた六甲変動によって形成されたもので,それまで広範に広がっていた準平原状の小起伏面が,南北方向の軸をもって順次,波状に隆起してできたと考えられる。山脈が隆起していく過程で,山脈の西側に近江伊賀断層,東側に一志(いちし)断層を伴い,東側は逆断層によってできた急崖となっており,西に緩傾斜した傾動地塊の姿をとる地塁山地である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

すずかさんみゃく【鈴鹿山脈】

三重県と滋賀県の境を南北に走る山脈。最高峰は御在所山(海抜1212メートル)。カモシカが生息する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県(滋賀県)〕鈴鹿山脈(すずかさんみゃく)


三重・滋賀両県境を南北に延びる山脈。最高峰の御池(おいけが)岳(標高1247m)や御在所(ございしょ)山・雨乞(あまごい)岳など標高1000m級の山岳が連なる。長さは約55kmにおよび、東側は急崖(きゅうがい)、西側は緩傾斜をなす。北は関ヶ原(せきがはら)を挟んで伊吹(いぶき)山地、南西は加太(かぶと)川の谷を隔てて布引(ぬのびき)山地に続く。古代から東西交通の障壁で、不破(ふわの)関と鈴鹿(すずかの)関が置かれていた。御在所山と東麓(とうろく)の湯の山(ゆのやま)温泉はロープウエーで結ばれ、鈴鹿国定公園観光の中心。鈴鹿スカイラインが通じる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

鈴鹿山脈
すずかさんみゃく

滋賀県と三重県・岐阜県の境界をなす南北約55キロメートル、東西約10キロメートルの山脈。鈴鹿山地、北勢(ほくせい)アルプスともいう。秩父中・古生層の砂岩、凝灰岩が主で、一部花崗(かこう)岩、石灰岩が含まれる。東部の急崖(きゅうがい)に対して西部は緩傾斜の地塁山地であり、このため、東部では短小急流な河川が扇状地を形成、西部では河川流路が長い支谷を通り、野洲(やす)川、日野川、愛知(えち)川、犬上(いぬかみ)川には多目的のダムが建設されている。最高峰は北部の御池岳(おいけがたけ)(1247メートル)で、ほかに御在所(ございしょ)山(1212メートル)、釈迦(しゃか)ヶ岳(1092メートル)、竜ヶ岳(1100メートル)、藤原岳(1120メートル)、鈴ヶ岳(1130メートル)、霊仙(りょうぜん)山(1094メートル)、鎌(かま)ヶ岳(1161メートル)などがある。北部の石灰岩地帯には河内(かわち)や佐目(さめ)の風穴があり「近江(おうみ)カルスト」の名で知られる。また南東部の御在所山付近の花崗岩地帯は巨大な奇岩が多く、藤内壁(とうないへき)などはロッククライミングに利用される。山脈の主要部は鈴鹿国定公園に指定され、山麓(さんろく)の湯の山温泉と山頂を結ぶロープウェーや鈴鹿スカイラインなどを利用した観光客が多い。[高橋誠一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

鈴鹿山脈の関連キーワード伊吹山地ウラル山脈カスケード山脈国見山地黄海南道ペニン山脈身延山地落延びる讚岐山脈スカンジナビア山脈

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

鈴鹿山脈の関連情報