コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝比奈可長 あさひな よしなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈可長 あさひな-よしなが

1625-1682 江戸時代前期の柔術家。
寛永2年生まれ。水野自適斎,のち小栗仁右衛門にまなぶ。土佐高知藩主山内忠豊(ただとよ)につかえ,和術師範役をつとめた。天和(てんな)2年11月10日死去。58歳。駿河(するが)(静岡県)出身。通称は半左衛門,丹左衛門。名は可良ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝比奈可長の関連キーワード小栗正信

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android