朝比奈所左衛門(読み)あさひな しょざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝比奈所左衛門 あさひな-しょざえもん

?-? 江戸時代前期の砲術家。
寛文10年(1670)長短反求流砲術をもって陸奥(むつ)弘前(ひろさき)藩(青森県)につかえ,書院番,目付をつとめる。評定所に出仕中遅刻して役を免じられ,岩木山麓にすんだ。門弟に佐々木専右衛門らがいる。紀伊(きい)出身。名は有忠。通称は別に六左衛門。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android